東海大学 管弦楽団

団長挨拶

この度は東海大学管弦楽団のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

2022年度東海大学文化部連合会管弦楽団の団長を務めさせて頂いております、清水捺央です。 私たち管弦楽団は、主に夏と冬の年2回の定期演奏会を開催することを目的として日々活動をしています。この定期演奏会の他にも、東海大学の学園祭である建学祭でのコンサート、合宿、バーベキューなどの様々なイベントも行っています。

コロナ禍ではありますが、当楽団は昨年度から活動が再び本格化し、様々な制約を受けながらではありますが、徐々に本来の活動形態を取り戻しつつあります。コロナ禍という特殊な情勢下では、今まで当たり前のようにできていた音楽活動が自由にできないといった問題が多方面で起こっています。当楽団も活動するにあたり制約を受ける場面はまだ沢山ありますが、そのような状況下でも今音楽ができることに私自身も当楽団の団員も大いに喜びを感じながら、日々活動をしています。

当楽団の団員は様々な学部・学科の学生が集まって活動をしています。経験者はもちろん、この楽団との出会いをきっかけに大学から楽器を始めたという初心者も少なくありません。初心者も経験者もお互いを高め合い、助け合うことで音楽を作りあげています。 また大学オケは音楽を演奏することはもちろん、様々な人との出会いにも魅力があると思います。オーケストラは大人数で演奏するということもあり、私自身もこの楽団での出会いは沢山ありますし、他の団員も様々な出会いを重ねながら音楽を楽しんでいることでしょう。

そんな魅力たっぷりの当楽団で、一緒に音楽を楽しみませんか?当楽団では楽器経験の有無を問わず、新たな団員を常に募集しています。詳しくはこのホームページの団員募集ページを確認してみてください。団員一同、心よりお待ちしております。またTwitterやFacebook、Instagramでも情報を発信しておりますので、こちらもチェックしていただけると幸いです。

最後に、日頃からご指導やご支援を賜っております常任指揮者の藤本先生、トレーナーの先生方、顧問の志水先生、OBOGの先輩方、またこの楽団に関わってくださっている全ての方々に厚く御礼を申し上げ、団長の挨拶とさせて頂きます。 これからも東海大学管弦楽団をよろしくお願い致します。



東海大学文化部連合会管弦楽団
2022年団長 清水捺央